GEEKSCHOOL Hackathonの成果発表

ハッカソンのテーマは「オリンピック」

今回のGEEKSCHOOLハッカソンのテーマはオリンピック。2020年まで残り5年。それまでの間や、オリンピック開催期間中。または終了後。直接オリンピックを盛り上げるものや、周辺の補助をするものだったり、いろいろなアイデアが考えられます。今回のハッカソンではそれらにフォーカスを当てて、楽しいハッカソンになるように各チームで開発を行いました。その成果がこちらです。

 

Team A - Joympic

Team Aは、オリンピック開催期間中に各国から訪れる人達と交流するためのツールを作成しました。競技別や国別でフィルタリングを行い、同じ興味のある人や言語が共通の人を探すことができます。

 

Team B - Smart Fun & Fan

Team Bは、オリンピック応援グッズとしてカスタマイズできるうちわを作りました。好きな画像や文字をうちわに映し出し、大好きな選手の応援に活用できるものです。


Team C - Fundolympic

TeamCは、オリンピック選手への資金援助をクラウドファウンディングで行うアイデアです。

 

Team Vietnam - MOHABA System

ベトナムチームのアイデアは、オリンピックスタジアムなどで、観客が同じ応援や声援でそろえるためのアイデア。スマートフォンだけではなく、ウェアラブルデバイスを開発しています。

プロモーション Movie